沢山の種類があるいぼの除去手術【施術の特徴をリサーチ】

保険診療か自由診療か

カウンセリング

早く治すなら自由診療

いぼの治療には保険診療と自由診療とがあります。保険診療の場合は治療内容が法律で定められているので、凍結療法になるのが一般的でしょう。いぼが大きい場合には切除手術を行う場合もありますが、5mm程度であれば1個につき1,000円前後の治療費になるのが一般的です。ただ、凍結療法は液体窒素をいぼに押し付けて低温で火傷を作り、カサブタになって剥がれてからまた同じ事を繰り返すという治療です。小さないぼでも最低5回くらいは繰り返す必要があるため、期間が長くかかり、初診料も合わせて5,000〜8,000円程度は見込んでおいたほうが良いでしょう。一方自由診療の場合は全額自己負担となりますが、小さな良性のいぼなら切除手術ではなくレーザーによる焼却治療を行うのが一般的です。こちらは1度でキレイに治すことが出来ますし、負担もほとんどないのでとても人気の高い治療法です。いぼの状態によって照射するレーザーの種類が変わる場合がありますが、炭酸ガスレーザーなら1照射5,000円程度で受けられる場合もあります。YAGレーザーでは16,000円程度になる場合もありますが、自由診療はクリニックによって料金設定がマチマチなので、事前にインターネットなどで知らべておいたほうが良いでしょう。ただ、どんな治療が最適なのかはどんないぼかにもよりますし、費用面だけで素人が判断出来るものではありませんよね。美容外科なら事前のカウンセリングは無料のところが多いので、まずは相談していぼの状態を医師に診てもらうのが一番です。良性でも大きないぼの場合は、凍結するのもレーザーで焼却するのも難しい場合があり、メスによる切除手術を行う場合もあります。面積はさほど大きくなくても長く突起しているような場合には、医療用ハサミでの切除手術を選択するクリニックもあるようですね。もちろん、手術と言っても長い時間がかかることはほとんどなく、部分麻酔で負担なく受けられるケースがほとんどです。あまり不安になりすぎず、どういった治療が最善の選択なのか担当医師から納得出来るまで説明をしてもらうのが一番ですね。

Back to Top